必要とされるスキルってあるの?外資系企業におけるキャリア開発

キャリア開発に力を入れている外資系企業の取り組み

外資系企業の中には、従業員の能力や実務経験、所有資格などを考慮したキャリア開発の取り組みが活発に行われているところがあります。中でも、海外転勤の機会の多い職種で働くためには、少なくとも日常会話レベルの英語力が必要となりますが、企業によってはさらに高い能力を期待されることもあります。大手の外資系企業では、新人や中途採用者、管理職を中心に体系的な研修制度が用意されており、社会人としてのマナーや実務に関するスキルを効率よく身につけることが可能です。また、こうした企業で働くにあたり、海外生活や留学の経験を活かせることがあります。そこで、転職活動を進めるうえで、これまでの経験を高く評価していくれる企業を選ぶことが有効です。

外資系企業の転職に向けたキャリア診断の方法

外資系企業に転職をしたい時には、自分に向いている職種を把握することが何よりも重要です。最近では、人材紹介会社や転職サイトなどを利用して、キャリア診断を行う求職者が多くいますが、できるだけ過去の業務経験を役立てられる職種にチャレンジをすることが肝心です。特に、営業職や企画職など外資系企業で花形とされる職種については、採用条件が厳しく設定される傾向があり、各企業が中途採用者に期待する人物像を早いうちから理解することが大事です。また、企業によって職種や仕事内容、キャリア形成などに違いがあるため、転職希望者を対象とした合同説明会に参加をしたり、外資系企業の転職に強い転職エージェントに頼ったりすることが有効です。

外資系の求人に申し込む予定があるなら、自分の資格について確認しましょう。語学や情報処理に関する資格を取得しているなら、積極的にアピールすることがコツです。

© Copyright Foreign Workingplace. All Rights Reserved.