冷酷?思ったより普通?外資系企業の人事

日本の企業と外資系企業の考え方の違い

日本では一度就職をすればその企業で定年退職するまで働き続ける終身雇用の考え方が普通とされています。
社内ではチーム毎に結束し、みんなで一丸となって目標達成に向かって頑張ることが多いです。
それに対して外資系の企業では、キャリアアップのために実績を残すことを重視します。ある程度の経験を積み実績を出した人はよりよい待遇・ポジションが見つかれば転職をすることが多いです。したがって、外資系の企業では個人を主とし自分のキャリアアップに励んでいる人が多いです。
このように、日本の企業と外資系企業では企業に対する考え方が根本的に異なります。
日本ではチームプレイが重要とされ、外資系の企業では個人の成果がより重要とされる傾向があります。

転職する人が多い外資系企業では利益を優先に考える

外資系の企業では個人の成果を最も重要視しています。
そのため、任されたプロジェクトが上手くいかなかったり営業成績が悪かったりすると組織の改編が行われることがあります。
日本の企業だと成果に至までのプロセスも重要だと考えるので、日本の企業でしか働いたことがない人にとっては外資系企業は冷酷だと感じる人も多いのではないでしょうか。
ただし、外資系企業で働いている人はある程度の成果を残せば自分のキャリアアップのためにどんどん転職をしていくので、企業側からすれば企業の利益を優先に考えることは仕方がないことなのかもしれません。
外資系の人事に対して冷たいイメージを持つ方が多いかもしれませんが、外資系で働く人たちにとっては普通のことであり多くの人がポジティブに働いています。

© Copyright Foreign Workingplace. All Rights Reserved.